USBメモリのデータを復元する方法

ここでは復元ソフトを使ってUSBメモリーから削除したデータを復元する方法を紹介します。
USBメモリーは外部記録メディアとしてよくデータの保存に利用されます。USBメモリーを利用している際に、保存していたデータを誤って削除してしまったり、USBメモリーをフォーマットしてしまったりするトラブルもよく発生します!仕事上の大事なファイルや個人の大切の思い出写真などが保存されているかもしれないので、何とかして復元したいですね。その時、データ復元ソフトを使えば、高確率で復元できる可能性があります。まずは無料体験版をダウンロードしてください。

無料体験版ダウンロード先:Best SDcard & Usb Disk Recovery

Best SDCard&USB Disk RecoveryはSDカード、USBメモリー、メモリースティックなど外部メディアの復元に対応するデータ復元ソフトです。誤消去、フォーマットしてしまったSDカードやUSBメモリーから動画、音楽、写真、文書など様々なファイルを強力復元できます。
前回はSDカードの復元方法を紹介しました。SDカードから誤消去したデータやフォーマットしてしまったSDカードを高復旧率で復元することができます。SDカードの復元方法については、「SDカード復元」をご参照ください。

USBメモリー復元の注意事項
USBメモリーからデータを削除した後、管理情報のみが消去されただけで、データ実体がまだUSBメモリーに存在します。この時データ復元ソフトを使えば、まだデータを復旧することができます。 しかし、 USBメモリーのデータを削除した後もUSBメモリーの中にまた新しいデータを書き込んだりすると、本来復元できるデータが復元できなくなる可能性もありますので、ぜひご注意ください。
1.データの上書きを防ぐために、USBメモリーの使用をすぐに中止してください。
2.直ちに復元作業に取り掛かりましょう。時間が経つにつれ、復旧率がどんどん下がっていきます。早ければ早いほど復元できる確率が高いです。

USBメモリーのデータを復元する方法:

STEP1:復元ソフトをダウンロード
まずは「Best SDCard&USB Disk Recovery」をダウンロードしてインストールします。
インストールが完了した後に起動させると、以下の画面が表示されます。
*ソフトウェアのダウンロード先やインストール先をかならず復元するUSBメモリー以外の場所に設定してください。

USBデータ復元無料
 

STEP2:スキャン方法を選択
「高速スキャン」、「完全スキャン」の二つのスキャン方法があります。
USBメモリーのデータを誤って削除してしまった場合は「高速スキャン」、USBメモリーをフォーマットしてしまった場合は「完全スキャン」を選択してください。また「高速スキャン」でデータが見つからなかった場合、「高速スキャン」で再度検索すると復元できる可能性があります。

USBデータ復元フリーソフト
 

STEP3:復元するメディアを選択
復元す不前にUSBメモリーをパソコンと接続します。パソコンに認識されると、「マイコンピューター」に「リムーバブルディスク」が表示されます。「リムーバブルディスク」を選択して右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

USBデータ復元ソフト
 

スキャンを開始すると、まずは下のウィンドウが表示されます。
スキャンに必要な時間、残り時間又はスキャンで検出したファイル数などが確認できます。

USBデータ復元ソフト
 

STEP4:検出したデータの確認と復元
スキャンが完了すると、復元できる可能性の高いファイルの一覧が表示されます。ファイルをダブルクリックするとファイルをプレビューして内容を確認できます。内容を確認した後、復元したいファイルにチェックを入れて「復元」ボタンをクリックします。*画像ファイルの場合は、最初からサムネイルで表示されるので、プレビューせず内容を確認することもできます。動画のファイルでも、AVI、MP4、WMV、FLV、MTS、MOVなどほぼすべての動画ファイルを再生することができます。

usb データ 復元
 

STEP5:復元先を設定
最後は復元するUSBデータを保存する場所を指定します。
*復元先はUSBメモリ以外の場所に指定してください。復元するデータを再びUSBメモリを保存すると、データが上書きされ復元できなくなる可能性があります。

usbデータ復元フリー
 

変換完了した後、下のウィンドウが表示されます。 復元先のフォルダを開き、うまく復元されたのかを確認しておきましょう!うまく復元されたようでしたら作業完了です。

usbデータ復元フリー
 

以上がUSBメモリー復元方法の紹介でした。USBメモリーからデータを誤って削除した時、USBメモリーをフォーマットしてしまった時は、諦めずに上の方法で復元チャレンジしてみましょう!
*USBメモリーはデータの長期保存に向いていません。外付けHDDやパソコンなどにバックアップを取ってください。