誤って消してしまったファイルを復元する方法

大事なファイルを誤って削除してしまった、又はウィルスに消されたり、何だか不明な原因で消えてしまったりする経験はありませんか? そんな時、ファイル復元ソフトを使えば、高確率でファイルを復元することができます。
ここでは「Best Data Recovery」という復元ソフトを使って、誤って削除してしまったファイルを復元する方法を紹介します。まずは無料体験版をダウンロードしてください。

無料体験版ダウンロード:Best Data Recovery

BestData RecoveryはAVI、MP4、WMV、FLVなどの動画、MP3、AAC、M4Aなどの音声、JPG、GIFなどの画像、Word、Excel、PPTなどのOfficeドキュメント、メールなど500種類以上のファイルを復元できます。デジカメ、ビデオカメラ、スマホ、HDD、SSD、USB、SDカードなど様々なメディアからのファイル復元に対応します。

復元前の注意事項
ファイルを削除した後、 ファイル実体がまだ存在します。管理情報のみが消去されてファイルは見えなくなるだけです。 この時ファイル復元ソフトを使えば、見えないですがまだ存在するデータを見える状態にし、復旧することができます。 ただし、この時ファイルの存在領域が新しいファイルに上書きされると、復旧確率が低下するので要注意です。復元する前に次の注意事項をお読みください。
1.ファイルを削除した後に、直ちに復元作業に取り掛かりましょう。時間が経つにつれ復旧率がどんどん下がっていきます。
2.ファイルを削除した後のメディアの継続利用は禁物です。ファイルを削除した後も新しいデータをメディアに保存したりすると、ファイルが上書きされ、本来復元できるファイルが復元できくなる可能性があります。

誤って削除したファイルを復元する方法:

STEP1:[Best Data Recovery]をインストール
まずは「Best データ復元」をクリックして復元ソフトをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行しインストールします。インストール完了した後に「Best Data Recovery」を起動させます。 *ファイルの上書きを防ぐには、復元ソフトをダウンロードやインストールする時、ダウンロード先やインストール先はかならず復元するドライブ以外の場所に設定してください。

ファイル復元ソフトダウンロード
 

STEP2:復元方法を選択
「高速スキャン」と「完全スキャン」の2つの復元方法があり、それぞれの状況での消失・削除ファイルの復元に対応します。
誤って削除したファイルを復元する場合は、まず「高速スキャン」を選択します。メディアをフォーマットしてしまった時、「完全スキャン」を選択してください。
高速スキャンで復元したいファイルが検出できなった場合は、「完全スキャン」を選択して再度スキャンします。

ファイル復元方法を選ぶ
 

STEP3:復元したいドライブを選択
ローカルディスクからファイルを復元する場合、復元したいドライブを選択して「スキャン」をクリックします。

削除ファイル 復元
 

SDカード、USBメモリー、外付けHDDなどのメディアからデータを復元する場合は、先にこれらのメディアをパソコンと接続します。パソコンに「リムーバブルディスク」と認識されたら、「リムーバブルディスク」を選択します。

SDカード復元方法
 

STEP4:復元
スキャンが終了後、復元できる可能性のあるファイルの一覧が表示されます。ファイルをプレビューすることができますので、プレビューして内容を確認します。復元したいファイルのチェックボックスにチェックを入れ「復元」ボタンをクリックします。

削除ファイル 復元
 

STEP5:復元先フォルダを指定
復元先を指定して「保存」ボタンをクリックします。必ずファイル復元するドライブ以外の場所を保存先に指定してください。

削除ファイル復元先を設定
 

復元完了した後、先程指定していた保存先フォルダを開いてファイルが復元されているかを確認します。
以上簡単な操作で誤って削除してしまったファイルを復元することができます。